上昇中

一から作り出す

監督から考えるテレビコマーシャル

テレビコマーシャルを制作する場合、プランニングやタレント選びも大切ですが、何よりも重要なのは監督選びです。 テレビコマーシャルを制作する監督の中には、有名な映画やPVを撮影している方も多く、実績も実力もある方に制作を依頼する事が可能なのです。 テレビコマーシャルは、一時代を代表する「顔」になりえます。かつて爆発的人気を誇ったテレビコマーシャルを再視聴した場合、私達はその頃生きていた「時代」を思い浮かべる事さえできるのです。 インターネットには情報が多様化している特徴があります。文化として一つの広告を大衆が共有する事はできません。こうした広告を作れるのはテレビコマーシャルだけなのです。 そうした力を持つテレビコマーシャルを作るには、実力ある監督を起用する必要があります。

タレントを育てるコマーシャルの力

テレビコマーシャルを制作する上で考えたいのは、予算とクオリティの問題です。 良いコマーシャルを制作するのは大前提ですが、できるだけ予算を抑えたい心情もあるのが一般企業の本音です。 そのような場合、既に知名度が広がっているタレント起用するのではなく、一から魅力的な新人タレントを掘り起こしてみましょう。魅力的なテレビコマーシャルは、それが「新人」を育てる力を持ちます。 特に凝った世界観を持つテレビコマーシャルを制作する場合、既にカラーがついているタレントを起用するより、無名のタレントを使った方が、使い勝手が良いものです。そのコマーシャル発でタレントに人気が生まれれば、企業にとっては一度に二度おいしい広告宣伝効果が生まれます。